MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
施設のご案内
医療機器のご案内
広報誌・広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いされる方
アクセス
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

072-850-8711

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

アクセス
tel:072-850-8711

緩和ケアについて

グループ全体でがん患者さんとそのご家族を支えます

 緩和ケアとは、がん患者さんの体のつらさ、不安な気持ちや落ち込み、社会生活や患者さんのご家族まで支えていくケアです。「緩和ケア」という言葉は「がん治療ができなくなった方への医療」「がんに終末期に受けるもの」と思っている方も、まだまだ多いようですが、 緩和ケアは、がん治療の初期段階から、がん治療と一緒に受けるケアです。


グループ全体でがん患者さんとそのご家族を支えます

 美杉会グループでは、さまざまな施設、在宅往診、訪問看護など医療や介護施設サービスが充実しています。がんになっても自宅で過ごしたい、施設で今まで通り過ごしたい、緩和ケア病棟で過ごしたいなど、患者さんご自身がその人らしく過ごしていただけるよう療養や退院の支援をグループで行ってます。通院中の患者さん、入院中の患者さん、ご家族の方もまずはお気軽に近くのスタッフや、がん相談支援センターにお声掛け下さい。

 

がんサポートチーム(緩和ケアチーム)

 当院では、2016年10月にがん患者さんにチームを活用していただきたいと思い院内活動チーム名を「がんサポートチーム」に変更しました。患者さんの体の痛みや息苦しさ・だるさなどつらい症状、不安・落ち込み・眠れないなどのこころのつらさ、仕事や経済的な心配・退院後の生活など、多くの職種で連携しながら支えていきます。

 職 種役 割 

医師

がんに伴う様々な症状を和らげます
看護師
がん性疼痛看護認定看護師
緩和ケアに関する専門的な知識や技能を持つ看護師が、日常生活の援助や精神的なサポートを行います
薬剤師痛みなどの症例を和らげるため薬について助言や指導を行います

医療ソーシャルワーカー
(MSW)

生活面や医療費などの経済面、就労の問題について相談、社会的なサービスや在宅医療を受けるための支援を行います
管理栄養士食事の献立や味付けなどの工夫などの助言を通じて、食生活に関わる問題に対応します
リハビリ療法士身体の機能を最大限に活用し、安全に生活できるようにするためのリハビリテーション、心地よいリラクセーションを担当します

職員向けニュースレター「Orange通信」


 がんサポートチームでは、年4回ニュースレター「Orange通信」を発行し、がんサポートチーム活動の拡散を図るとともに、緩和ケアについて掲載し、職員に情報提供する活動を行っています。

 

 

緩和ケアに関する資格取得者一覧

緩和ケアの基本教育に関する
指導者研修会修了医師
大迫 努 (呼吸器外科・部長)
緩和ケア研修修了医師
(厚生労働省開催指針に準拠)
河合 泰博(外科・院長)
五味 隆 (外科・部長)
奥村 憲二(外科・副部長)
中嶋 啓雄(乳腺外科・部長)
西村 昌則(泌尿器科・部長)
擣木 立 (泌尿器科・部長)
河村 正 (放射線治療科・センター長)
上田 和光(放射線治療科・部長)
三木 重樹(消化器内科・部長)
加藤 尚明(消化器内科・部長)
がん性疼痛看護認定看護師木下 明美(看護部長)

緩和ケア外来

●当外来はがんの「よろず相談係」です。
2017年5月より「緩和ケア外来」を開設しています。
からだのこと、心のこと、なんでもお話しください。
診療日は、毎週水曜日の午後(受付13時~)です。
初診の方もぜひお越しください。(予約制)

緩和ケア外来のご案内 

 

外来診療担当表

 
午後診  西村   

(午後診)13時30分~

 

医師紹介

西村 俊夫
(男山病院 緩和ケア内科 部長)
学歴
関西医大(1980年卒)
資格
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本医師会認定産業医
介護支援専門員
緩和ケア基本教育指導者(PEACE指導者)

お問い合わせ先

窓 口がん相談支援センター
(地域医療連携室)
電話番号072-850-8711