MENU

当院のご紹介
診療科案内
外来診療担当表・休診情報
外来のご案内
初めて受診される方へ
再診の方へ
紹介で来院される方へ
診療予約システムのご案内
混雑予想のご案内
予防接種のご案内
入院のご案内
入院から退院までの流れ
入院中の生活について
ご相談窓口
お見舞いについて
当院からのお知らせ
アクセス
セミナー情報
求人情報

072-850-8711

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

アクセス
tel:072-850-8711

放射線治療科

概要

放射線治療は機能・形態の温存ができる優れた治療法です。
私たち放射線治療に携わるスタッフは互いのコミュニケーションを大切にして、常に安全な放射線治療を心がけています。
放射線と聞くとどんな副作用が出るのか不安に思われる方が多いと思われますが、現在ではいろいろな経験と治療機器、治療技術の発達により副作用が少なく高い治療効果が得られるようになっておりますので、安心して治療を受けていただきたいと思います。

一般的な放射線治療では、からだの免疫力が大きく低下するようなことはほとんどありません
【日本放射線腫瘍学会より】2020年4月28日

日本放射線腫瘍学会が「がんの放射線治療後の免疫力について」を掲載しました。
「早期乳がん手術後に行われる放射線治療は、体への侵襲が少なく、免疫機能の低下はほとんどありません。」 と表明しています。

日本放射線腫瘍学会「がんの放射線治療後の免疫力について」

 

外来診療担当表

 

午前診

河村河村河村河村河村
笹井笹井笹井笹井 
夜診  河村/笹井 (京都大学交代)
(午前診)9時~12時 (夜診)18時~20時 
 

医師紹介 

常勤医師

笹井 啓資(放射線治療センター長)
学歴及び職歴
弘前大(1981年卒)
元順天堂大学主任教授
資格
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
放射線治療はがんの標準治療として大切な治療法です
現代の放射線治療はけっして怖くない治療法です。体の形や機能を守りながら、がんを完全に治す治療から痛みなどの症状をとる治療まで幅広く応用できます。ぜひ、相談においでください。

笹井啓資著
「はじめての放射線治療 その疑問に答えます」

河村 正(顧問)
学歴及び職歴
1975年京都大学卒業後、放射線科に入局。
その後、愛媛大学、国立病院四国がんセンター、中電病院、滋賀県立成人病センター、奈良社会保険病院、2007年から島津学園京都医療科学大学に勤務。
2018年4月より現職。
資格
医学博士(愛媛大学)
第1種放射線取扱主任者免状
認定医および専門医
放射線治療専門医
(日本放射線腫瘍学会
および日本医学放射線学会の共同認定)
がん治療認定医
京都府緩和ケア研修会修了

メッセージ

主治医の先生方、患者さんとその家族の方々に、気軽に相談に来ていただける放射線治療医を目指しています。よろしくお願いします。

当科の実績

内 訳2020年
(1~12月)
新規患者数151
再照射患者数16
延べ照射件数2,496 
夜診患者数11
乳房少分割照射39
左乳房深吸気息止め照射9
高精度放射線治療IMRT50
脳定位照射19
体幹部定位照射14