MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
施設のご案内
医療機器のご案内
広報誌・広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いされる方
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

072-850-8711

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

検索
tel:072-850-8711

放射線治療科

概要

放射線治療は機能・形態の温存ができる優れた治療法です。
私たち放射線治療に携わるスタッフは互いのコミュニケーションを大切にして、常に安全な放射線治療を心がけています。
放射線と聞くとどんな副作用が出るのか不安に思われる方が多いと思われますが、現在ではいろいろな経験と治療機器、治療技術の発達により副作用が少なく高い治療効果が得られるようになっておりますので、安心して治療を受けていただきたいと思います。

高精度放射線治療センターのご案内

 

外来診療担当表

 

午前診・午後診

河村高山河村河村
(午前のみ)
河村
上田上田上田上田
(午後のみ)
上田
夜診上田河村河村上田交代
(午前診)9時~12時 (午後診)13時~17時 (夜診)18時~20時 
 

医師紹介 

常勤医師

 

河村 正(放射線治療センター長)
学歴および職歴
1975年京都大学卒業後、放射線科に入局。
その後、愛媛大学、国立病院四国がんセンター、中電病院、滋賀県立成人病センター、奈良社会保険病院、2007年から島津学園京都医療科学大学に勤務。
2018年4月より現職
資格
医学博士(愛媛大学)
第1種放射線取扱主任者免状
認定医および専門医
放射線治療専門医
(日本放射線腫瘍学会
および日本医学放射線学会の共同認定)
がん治療認定医
京都府緩和ケア研修会修了

メッセージ

主治医の先生方、患者さんとその家族の方々に、気軽に相談に来ていただける放射線治療医を目指しています。よろしくお願いします。

 

上田 和光(部長)
学歴
大阪市立大医学部(1996年卒)
大阪大理学部
物理学科大学院修士(1983年卒)
資格
放射線治療専門医
(日本放射線腫瘍学会
および日本医学放射線学会の共同認定)
緩和ケア研修会修了
スポーツドクター
(日本スポーツ協会認定 ボート)

必要なヒトに必要な(放射線)治療を

ボート(漕艇)界では以前は100年以上の歴史で遭難により年平均1人の犠牲者を出していました。2001年北海道での死亡事故以降遭難型の死亡はありません。ラッキーもあるのは確かですが、ボート界あげての安全への取組による成果でもあります。ローイングマニュアルにはこう記されています。

2 事故発生時の対処
2.1 艇から離れない、2.2 あわてない、2.3 生命第一で行動する、2.4 あきらめない、2.5 絶対の原則はない:臨機応変に対処実際の危急の状況に絶対はありえない方式に書けないサバイバビリティ(生き残り能力)をいつも高めようという方向に活動しておくことが大切である

放射線治療を知って(放射線治療ツアーにお越しください)、上手に使うことで、医療から脱落することを防ぎ、私たちのサバイバビリティーは向上するものと信じています。

非常勤医(50音順)

 医 師学歴・専門領域
高山 賢二京都大(1995年卒) 放射線治療専門医

当科の実績

内 訳2017年
新規治療患数148
再来患者数12
照射延べ人数3,206 
照射延べ件数3,400
夜診帯での新患数19
 〃 での照射延べ件数365
通常照射
内、左乳房深吸気息止め照射) 

101
(14)

高精度放射線治療IMRT(内VMAT)52(35)
脳定位照射
体幹部定位照射