MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
館内のご案内
設備・医療機器のご案内
広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いについて
介護サービス
病児保育室のご案内
健康診断をご希望の方
予防接種のご案内
アクセス
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

tel:075-983-0001

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

検索
tel:075-983-0001

当院からのお知らせ

令和元年度 市民公開講座のご案内(2019年9月)

 

 地域の健康増進を目的に、年1回「市民公開講座」を開催しています。医師が身近な病気等の話題を取り上げ、分かりやすい内容でご紹介します。
 どなたでも参加いただけますので、お誘いあわせの上お気軽にお越しください。

日 程 2019年10月5日(土)14時~
(参加費無料・申込み不要)
場 所 八幡市立生涯学習センターふれあいホール ふれあいホール
講師・演題 ①「糖尿病ってどんな気? 」
 男山病院 内科部長 沖垣 光彦
②「手の痛みと肘痛み」
 佐藤病院 副院長(整形外科・手外科センター長) 白井 久也

 

大人の風しんの抗体検査・予防接種について(2019年5月)

当院は協力医療機関として、対象者は風しん抗体検査・予防接種を公費で受けることが出来ます

 現在、風しんの予防接種は、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった1962年(昭和37年)4月2日から1979年(昭和54年)4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて約80%と低くなっています。
 そのため京都府の各市町村は、上記の期間に生まれた男性を対象に無料クーポン券を送付しています。クーポン券を利用して抗体検査を受けて頂き、充分な量の抗体がない方は場合は予防接種を受けることが出来ます。

期間 2022年(令和4年)3月末まで
対象者 無料クーポン券をお持ちの1962年(昭和37年)4月2日から
1979年(昭和54年)4月1日の間にお生まれの男性
接種回数 接種期間中に1回(クーポン券は市町村より送付されます)

(注)転入された方や今年度無料クーポン券が送付されない対象の世代(1962年(昭和37年)4月2日から1972年(昭和47年)4月1日生の男性)で無料クーポン券の発行をご希望の方は各市区町村までお問合せください。

 

「病院機能評価」(種別:一般病院2)の更新認定を頂きました(2019年5月)

 当院は、公益財団法人日本医療機能評価機構の「病院機能評価」(一般病院2 3rdG:ver.2.0)を受審し、2019年4月5日付で更新認定を頂きました。
 病院機能評価とは、国民が安全で安心な医療が受けられるよう、4つの評価対象領域(「患者中心の医療の推進」「良質な医療の実践1」「良質な医療の実践2」「理念達成に向けた組織運営」)から構成される評価項目を用いて、病院組織全体の運営管理及び提供される医療について評価されます。
 病院機能評価により、一定の水準を満たした病院は「認定病院」となります。認定病院は、地域に根ざし、安全・安心、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、日常的に努力している病院です。

 

日本リハビリテーション医学会研修施設として認定されました(2019年5月)

 当院が公益社団法人日本リハビリテーション医学会により、研修施設として認定されました。日本リハビリテーション医学会研修施設の資格は、下記の要件を満たすことで与えられます。

(1) 原則として、リハビリテーション科を診療科として標榜している。
(2) 指導医が常勤している。
(3) 専門医制度卒後研修カリキュラムに基づいた研修が可能である。
(4) 原則として、リハビリテーション科病床を有していることが望ましい。
(5) リハビリテーションに関する教育・研究活動が行われている。

 当院は診療・治療だけではなく、教育・研究面でも地域の医療と健康に貢献してまいります。
 公益社団法人日本リハビリテーション医学会については、こちらをご覧ください。

 

「ぱど2019年 ご近所ドクターBOOK」にて荒木院長が紹介されました(2019年4月)

男山病院 荒木院長の紹介がありました。詳細は画像をクリック、または特設ページをご覧ください。

マイドクターぱど
https://mydoctorpado.com/otokoyama2019/

ゴールデンウィーク外来診療体制のお知らせ(2019年2月)

ゴールデンウィークの外来診療は上記のとおりです。
4月30日(火)・5月2日(木)は祝日ですが平常通り診察いたします。(受付は11時30分まで)
救急診療は日曜・祝日に関わらず24時間対応いたします。

 

年末年始休診のお知らせ(2018年12月)

外来診療は12月30日~1月3日まで休診いたします。
新年は1月4日(金)からの診察となります。
救急診療に関しましては24時間対応いたします。

 

院内停電(設備点検)のお知らせ(2018年9月)

 電気事業法に基づき病院施設の法定停電点検を下記のとおり実施します。点検の際には全館停電を行い院内の電気設備を点検いたしますが、治療に影響の出ないよう努めさせて頂きます。皆さまにはご迷惑とご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

【停電日時】

  • 2018年10月28日(日)
    12時~14時(時間は多少前後する事がございます)


【診療体制の制限について】 

  • 11時~15時の間は、一般レントゲン、CT、MRI撮影及び一部の検査ができません。


【診療以外の制限】

  • 全館停電を行っておりますので、停電時間のご面会はお控え頂きますようお願いします。
  • エスカレーターと一部のエレベーターが使用できません。
  • 一部、電気照明の制限と空調機が停止します。
  • トイレの便座機能(洗浄等)、自動販売機、公衆電話、テレビ、冷蔵庫、洗濯機等が使えません。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

64列マルチスライスCT:従来より低被ばく、高画質を実現しました(2018年5月) 

 2018年5月にCT装置の入替を行い、新たに128スライスの倍率データ収集性能を搭載するフィリップス製「Ingenuity Elite」を導入しました。これまでよりも低被ばくで、高画質な画像提供が可能となっています。

放射線部のページはこちら

●iDose4 :ハイブリッド逐次近似画像再構成  
 通常画像より最大55%のノイズ低減が可能です 
 ◆従来と同等線量であれば ☛ 画質向上
 ◆従来と同等画質であれば ☛ 被ばく低減
●IMR Platinum :フル逐次近似画像再構成
 フル逐次近似画像再構成のIMR Platinumは、通常画像より最大90%のノイズ低減が可能で、従来のCTでは難しかった低コントラスト検出能の向上が可能です。
また、被ばく量50%~最大80%低減(フィリップス社公表値)しました。
●金属アーチファクト低減画像再構成「O-MAR」
 O-MARは逐次近似画像再構成を応用した技術で、追加撮影することなく軟部組織・整形領域ともに描出能が改善します。

利便性向上を目的にコンシェルジュを導入しました(2017年4月)

来院される患者さんの不安を少しでも和らげ、安心して受診をしていただけるようコンシェルジュがご案内いたします。医療、介護にかかる費用や専門的な相談を担当者にスムーズにご案内する橋渡しもいたしますので、ご不明なことがあればお気軽にご相談ください。

業務内容

➀院内の総合案内
②診療申込みの補助
③待ち時間に関するご相談
④専門的な相談担当者への橋渡し

ご利用時間

対応時間 午前診の時間帯(月曜~土曜)
受付窓口 総合案内・受付付近

MRIで新しい検査を始めました(2016年9月)

 現在、全身の腫瘍を探す検査にはPETと呼ばれる検査が行なわれていますが、限られた施設でしか受けることが出来ません。 しかし、近年のMRI装置の進歩により、MRI検査でPETと同じような検査ができるようになりました。それは、全身の拡散強調画像DWIBS(ドゥイブス)という検査です。PETと比べてDWIBSの良いところを下記表に示しました。これからも皆様に役立つ検査を積極的に取り入れていきたいと思います。

放射線部のページはこちら

  DWIBS PET
被ばく なし あり
注射 なし あり
事前安静 なし あり
検査費用  約1万4千円
(3割負担の場合、約4千円)
 約8万6千円
(3割負担の場合、約2万6千円)
検査時間 30分 2~5時間 
撮影画像

引用:Eur Radiol.2008 Sep;18(9):1937-1952 Fig.10

pagetop