MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
館内のご案内
設備・医療機器のご案内
広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いについて
介護サービス
病児保育室のご案内
健康診断をご希望の方
予防接種のご案内
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

tel:075-983-0001

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

検索
tel:075-983-0001

脳神経内科

概要

 日本神経学会は2018年3月に、「神経内科」ではなく「脳神経内科」と標榜することに決めました。
 「神経系」というのは、医学的には体を動かしたり、感じたり、考えたり、覚えたりする情報を伝達する回路のことを指すのですが、「神経質」という言葉からも連想されるように、神経内科が心理的な病状を診る科と思われてしまうからです。
「脳神経外科」は主に手術によって脳・神経系の病気を診療することが広く知られていますが、手術以外の方法で診療する「脳神経内科」というのが、受診の必要な患者さんにとって分かり易い名前かもしれません。
 最近、当科で扱うことが多い一般的な疾患は、脳梗塞、認知症、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症、末梢神経障害、緊張型頭痛、てんかん、多発性硬化症、重症筋無力症などがありますが、状態によっては高次医療機関と連携して集中的な検査治療を要する場合もあります。
 また、整形外科、脳神経外科、循環器内科、耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科、精神科、心療内科などへの紹介が適切である病状を見極めることも、当科の重要な役割と考えておりますので、『脱力、しびれ、歩行障害、ふらつき、めまい、つっぱり、ひきつけ、むせ、しゃべりにくさ、ものが二重に見える、頭痛、かってに手足や体が動く、もの忘れ、意識障害』などの症状がありましたら「脳神経内科」を受診して下さい。
 なお、神経系の診断には詳しい問診と診察で時間を要することが多いため、あらかじめ御了承頂きますようお願い申し上げます。

外来診療担当表

 
午前診 中﨑   中﨑 中﨑    
午後診     中﨑
[予約]
     

(初診受付)8:30~11:30 (再診受付)7:00~11:30

 

医師紹介

中﨑 繁明(部長)
学歴
福井医大(1986年卒)
資格
日本神経内科学会専門医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
日本慢性期医療協会認定医
日本医師会認定産業医
脳梗塞・パーキンソン病・認知症などの患者さんに対応しています
聴く姿勢を大切にして、不自由さと不安感の軽減に努めています。 趣味は、フォークギター・サイクリング・ジョギングで時間があったら蕎麦と温泉を楽しみに行きます。

 

 

pagetop