MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
館内のご案内
設備・医療機器のご案内
広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いについて
介護サービス
病児保育室のご案内
健康診断をご希望の方
予防接種のご案内
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

tel:075-983-0001

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

検索
tel:075-983-0001

皮膚科

概要

 当科では、皮膚科全般の診療を行っています。診断が難しいケース、重症な皮膚疾患、手術が必要なケース、さらに診断はついたが良くならないケースなど地域の診療所の先生方から多くの紹介をお受けしています。
 当院では、特にアレルギーの原因検索に力を入れて行っております。日常よくみられる「かぶれ」や「しっしん」の原因の多くはアレルギー反応ないしは刺激反応によって引きおこされています。これらの原因をしっかりと固定し、取り除くことが「完治」への近道です。接触アレルギー外来では、パッチテスト、プリックテストなどを駆使し、原因の追求に努めています
 また、現在増加しているアトピー性皮膚炎は、皮膚バリア機能の破綻が原因の一つとして注目されていますが、スキンケアを重視した治療及び生活指導を行っています。母斑、皮膚の良性腫瘍、陥入爪などの日帰り手術を行っています。粉瘤(アテローム)は、可能な場合は、小さな穴から摘出をします。陥入爪は、手術または形状記憶合金のワイヤーで治療します。その他さまざまな皮膚疾患に対応しており、必要に応じて入院診療も行います。
 皮膚科専門医として、じっくりと、そして丁寧に患者さんと向き合い、その方にとって最善の治療法を選択し、安心して通院して頂けるような皮膚科を目指しております。

レーザー治療(シミ取り等)のご案内はこちら

 

外来診療担当表

 
午前診 小泉 小泉 小泉 小泉 小泉 小泉

(初診受付)8:30~11:30 (再診受付)7:00~11:30

 

医師紹介

小泉 直人(医長)
学歴
京都府医大(2000年卒)
資格

日本皮膚科学会専門医
日本アレルギー学会専門医

患者さんの親身になり、診察させて頂きます
皮膚疾患でお困りの患者さんに対し、精一杯お力になれるよう努力して参ります

 

代表的な疾患と治療

湿疹

アトピー性皮膚炎・接触皮膚炎、特異的アレルギー検査、原因検索(パッチテスト等)も必要に応じ実施。
症状に応じた外用療法、内服療法を行なう。重症度に応じて、入院治療。

蕁麻疹

血液検査、特異的アレルギー検査も必要に応じ実施。
症状に応じた内服療法を行なう。重症度に応じて、入院治療。

中毒疹・薬疹

薬剤・感染症によるもの等、血液・尿検査、皮膚生検、原因薬剤同定検査などを必要に応じ実施。原因の除去、抗アレルギー剤内服、ステロイド剤外用などの治療を症状に応じて行なう。感染性を有する症例には、感染症対策の実施を、薬剤が原因として疑われる場合には、他科とも連携をとり、被疑薬剤の変更等を指導する。

水疱症

主として天疱瘡群(尋常性天疱瘡、類天疱瘡など)、皮膚生検、血中自己抗体定量などを行なう。ステロイド剤全身投与、免疫抑制剤全身投与などの治療を症状に応じて行なう。

炎症性角化症

乾癬、類乾癬、扁平苔癬、毛孔性紅色粃糠疹など、皮膚生検、血液・尿検査などを必要に応じ実施。悪化因子の除去、外用療法、レチノイド内服、免疫抑制剤内服等の治療を症状に応じて行なう。

皮膚腫瘍

外来、場合によっては入院で治療を行ないます。
悪性腫瘍などでは、高次施設とも随時連絡を取り、紹介も検討。

感染症

真菌感染症・細菌感染症・ウイルス感染症など、各種真菌検査、細菌培養などを必要に応じ実施。外用・内服療法、点滴による治療等を症状に応じて行なう。

男性型脱毛症

プロペシアの内服治療。ただし自費診療となります。

pagetop