MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
館内のご案内
設備・医療機器のご案内
広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いについて
介護サービス
病児保育室のご案内
健康診断をご希望の方
予防接種のご案内
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

tel:075-983-0001

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

検索
tel:075-983-0001

血液内科

概要

 血液内科というと、時々『血液検査をする科』と誤解されて、来院される事があります。検査は血液検査でする事が多いのであながち間違ってはいませんが、実は白血病や悪性リンパ腫・多発性骨髄腫といった血液由来の病気を検査し、治療していく診療科です。年間発症数もそれぞれ10万人あたり数人程度と循環器や消化器といったメジャーな診療科よりも圧倒的に少ないです。
 しかしながら、患者数に比例して診療に従事する医師も少なく、近年は絶滅危惧種になりつつあります。疾患の多くは悪性で抗がん剤等の治療が主流ですが、大きな施設の受け入れ可能人数には限界があります。無菌室など特殊な設備の必要な急性白血病や骨髄異形成症候群などはそのような施設で治療する必要性がありますが、それ以外の疾患は当院のような地域密着型の病院でも十分に可能です。むしろ通院などの便が良く、緊急時の対応がすぐにできる施設のほうがメリットは大きいと思います。また、無菌室治療を要する疾患でも、積極的な治療を希望されず、定期的に輸血するだけで良いという方でも構いません。 重大な病気であったとしても自分の希望にあった治療のできるところ、しかも近所なら大変メリットが大きいと思います。
 気軽に受診できて大きな施設なみの治療が受けられる、そのような“さりげなく”高度な治療のできる病院が男山病院であれば、と努力しています。

外来診療担当表

 
午前診 藤本         藤本

(初診受付)8:30~11:30 (再診受付)7:00~11:30

 

医師紹介 

藤本 正博(副院長)
血液内科、院内感染管理者
学歴
関西医大(1980年卒)
資格
日本内科学会認定医
日本血液学会専門医
ICD(感染症対策専門医)
「可も、不可もなく、さりげなく」を心がけています。
血液内科の治療は基本的にガイドラインにそって行いますが、杓子定規にならないように患者さんの事情に合わせて第1選択だけでなく、第2、第3選択でも治療を行います。 私の専門である血液疾患でお困りなら可能な限り速やかに対応いたします。ただし、急性白血病や骨髄異形成症候群の治療はいたしておりません。これらはより高度な設備や薬剤が必要になりますので、大学病院等ご依頼ください。

 

pagetop