MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
館内のご案内
設備・医療機器のご案内
広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いについて
介護サービス
病児保育室のご案内
健康診断をご希望の方
予防接種のご案内
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

tel:075-983-0001

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

検索
tel:075-983-0001

ご挨拶

院長ご挨拶

院長 荒木 雅人

 男山病院は、1975年に京都府八幡市に関西医科大学の3番目の附属病院として開院しました。その後、地域の皆様から信頼される病院として診療を行ってきましたが、関西医科大学全体の構想整備に伴い、2009年4月より医療法人美杉会が継承することとなりました。
 当院は、京阪電車樟葉駅から近く、近隣は男山の住宅地や開発の著しい松井山手地区からも交通網が整備され、立地条件に恵まれた環境にあります。
 これまで大学附属病院として培われてきた地域の皆様の信頼を受け継いで、同法人の佐藤病院とともに急性期医療から介護、在宅医療まで地域完結型の信頼いただけるサービスを提供できますよう、法人理念を追求していきたいと思います。
 近年、介護保険施設の整備に伴い、病院ではより急性期医療が求められるようになりました。病状に即した高度な医療を安全かつ迅速に行えるように、医療機器の整備・スタッフの充実を図り、病気や外傷で来られた方々が、安心して治療を受けていただける病院、もう一度受診していただけるような心通う病院を目指したいと思います。

美杉会グループの基本方針

  1. 当法人を利用される全ての人達ならびに全職員の幸福を追求します
  2. 「根拠に基づいた医療」を行い、患者さんに最善で安全な医療を提供することに努めます
  3. 急性期医療から介護・在宅系のサービスに至るまで、一貫して切れ目のないヘルスケアを柔軟に提供します
  4. 診療にあたっては、患者さんの訴えを良く聞き、丁寧に診療し、その結果や治療方針を十分に説明することに努めます
  5. 急病の患者さんは原則として断りません
  6. 入院診療は、
     1)急性期医療では、適切な早期退院に努めます2)リハビリテーションや緩和ケア等にも取り組みます
  7. 外来診療は、
     1)一般外来の他に、専門外来により可及的に高度・最新の医療の提供に努めます
     2)在宅医療を、訪問看護・介護ステーション等と連携しながら行い、さらに、訪問リハビリ、配食サービス、訪問入浴サービスで補完します
     3)当グループの能力を超える診療が必要と判断される場合は高次機能病院との連携を図ります
  8. 大阪府がん診療拠点病院を有する当法人は、府民に安心で適切ながん医療を提供することに努めます
  9. 開放型病院として、登録医の先生方との連絡を密にし、病診連携をはかります
  10. 紹介患者さんについて
     1)紹介医師の診断や考えを尊重し、その意向に沿うよう配慮します
     2)紹介医師への返事は速やかに行い、経過についても適時、適切に報告します
     3)必要な診療が終了した後は、原則として紹介元医師へ逆紹介します
  11. 患者さんや利用者さんの権利を尊重し、十分な説明に努め、本人または代理人によるカルテ開示の請求に応えます
  12. 患者さんや利用者さんの個人情報を厳守します
  13. 診療・介護情報を正確に記録し、保管します
  14. 患者さんや利用者さんからの謝礼は一切受け取りません
  15. 職員は自分の職業に誇りを持ち、知識・技術の研鑚に励むとともに、職種間や事業所間の垣根がない、風通しの良い組織を目指します
  16. 介護にあたっては、最善の介護福祉サービスの提供に努め、地域の人々が、住み慣れた環境で安心して暮らし続けられる社会の実現を目指します
  17. 利用者さんのニーズをしっかりと受け止め、その意向を尊重し、自立に向けた介護福祉サービスの提供に努めます
  18. 常に積極的な態度で地域社会に接し、介護問題の解決に努めます

患者さんの権利と責務

【権利】
  1. 適切で必要な医療を受けることができます
  2. 治療に関して十分な納得と同意の上で治療方法を選択でき、別の医師等の意見を聞きたいという希望を尊重されます
  3. プライバシーと個人情報は保護されます
  4. 自己の医療情報の開示を受けることができます
【責務】:患者さんには以下のことを守っていただきます
  1. 診療に協力する
  2. 医師に自身の健康状態を正確に伝える
  3. 医師の指導に従うとともに、自らの健康の保持増進に努める
  4. 診療費用を支払う
  5. 病院環境や他の患者さんに対する配慮をする

終末期医療について

(病気が重くなり、治る見込みや治療法がなく、死が確実で間近になった場合の医療について)

  1. 苦痛の緩和に努めます
  2. 精神的な援助を行います
  3. 在宅ターミナルケアを支援する
  4. 人の自然な死について考えを深め、誰もが受容できる終末期医療を目指します

pagetop