社会医療法人 美杉会

美杉会グループについて


理事長のご挨拶

理 念

法人概要

美杉会グループの歩み


理事長のご挨拶

地域No.1のトータルヘルスケアへ向かって脱皮し続ける美杉会
美杉会 理事長 写真

社会医療法人 美杉会
社会福祉法人 美郷会
 理事長 佐藤 眞杉

病気やケガという重荷を背負った患者さんやご家族さんは、なるべく近くの医療機関で診療を受けられるのに越したことはありません。私どもは昭和54年の開院以来、できるだけ設備と人を整え、地元の医療需要に幅広く柔軟に応えるよう努めて参りました。平成14年に現在地へ病院を新築移転しましたのもこの考えに沿ったものでした。

私どもの最大の願いは、患者さん・ご家族さんの重荷を速やかに軽くしてさし上げることにあります。そのためには、質の高い医療、手術を含めた急性期医療を、安全に素早く提供することがなによりも大切です。当病院職員一同はこの思いを胸に日々研鑽を重ねております。

高齢社会を迎え疾病構造も様変りしました。生活習慣病の予防や介護にも目を向ける必要があります。当病院では、がん治療に特に力を入れ、最新鋭の放射線治療機を備えて大阪府がん診療拠点病院に指定されています。また、市健診、企業健診、人間ドックも積極的にお勧めしています。さらに、各種の介護保険施設、訪問看護・介護、デイケア・デイサービス、配食サービス等の法人内事業により、きめ細かで、包括的な地域のお世話を心掛けています。

医療には、患者さんのご理解と納得が欠かせないものであることは申し上げるまでもありません。私どもは診療にあたり、いくつかの方法をお示しして詳しく説明を行い、患者さんの同意をいただくことを固く守っています。

近年、地域では隣組的な気分が薄れ、連帯が弱まってきているように感じられます。私どもは診療所の先生方とも力を合わせて、医療・保健・介護を通して地域の結び付きを強める働きができればと考えています。


役職等

(社)大阪府病院厚生年金基金理事長
(社)大阪府私立病院協会名誉会長
(社)日本病院会名誉会員
(特定非営利活動法人)日本医療経営機構理事
(社)日本医療経営実践協会理事

表彰等

平成6年大阪府知事表彰 (府民医療の向上)
平成8年厚生大臣表彰  (公衆衛生の向上)
平成8年厚生大臣感謝状 (阪神淡路大震災の医療・保健活動)
このページの先頭へ戻る