MENU

当院のご紹介
ご挨拶
病院概要
施設のご案内
医療機器のご案内
広報誌・広報活動
臨床指標・業績情報
ご利用案内
外来を受診される方
入院される方
お見舞いされる方
診療科案内
セミナー情報
医療関係者の方へ
当院からのお知らせ
求人情報
アクセス

072-850-8711

文字サイズ変更

文字サイズ
小さく
標準
大きく

背景色変更

背景色

  • 白
  • 青
  • 黄
  • 黒

美杉会グループ

検索
tel:072-850-8711

看護部

佐藤病院看護部のご紹介

    看護部長 木下 明美

 当院は、「患者さんの苦痛をすみやかに和らげることに努めます」をモットーに地域に根付く美杉会グループの急性期病院として、つながりのある医療、看護を提供しています。
 私たちはひとりひとりの患者さんを大切にし心温まる看護と、患者さんに関わる人々を思いやり、連携することに努めます。
患者さんとの出会いは私たちを成長させてくれます。その出会いに感謝し、日々の看護実践の中で看護の技と心を磨き行動できる人、そして「あなたがいてくれてよかった」と患者さんに頼ってもらえる看護師の育成を目指しています。
 そんな看護師との出会いを大切にし、ひとりひとりがやりがいをみつけ働き続けられる環境を作っていきたいと思います。

美杉会グループ看護部について

理念

私たちは

  1. 患者さんひとりひとりの気持ちを尊重し心温まる看護と環境を提供します。
  2. 常に自己啓発に努めます。
看護部の方針
  • ひとりひとりを尊重し、安全と信頼の看護を提供します。
  • スキルアップを目指し、、学び続ける姿勢を持ちます。
  • 多色種と協働し、地域に選べれる医療・保険・福祉を目指します。
  • 明るく働きやすい職場環境を目指します。
目指す看護師像
  • 相手の立場を考え思いやりのある行動ができる看護師
平成30年度目標
  1. 活気のある働き続けられる職場環境作り
     ①前向きな考えで行動する
     ②看護職の確保、定着
      ・ワークライフバランス、職員満足度を向上させる
      ・学ぶことへの志をもつ
  2. 地域包括ケアの視点をもった看護職の育成
      ・相手を尊重し、、協力しあえる職場風土をつくる
  3. 安心、安全な看護と介護の提供
      ・看護の専門性を発揮できる
      ・看護を可視化し質を評価する
  4. 組織の一員として病院経営に参加する
      ・コスト意識をもって看護に取り組む

認定看護師の紹介

認定看護師

 認定看護師とは、日本看護協会の認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた者をいい、水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導・相談活動を行う者をいいます。

◆がん性疼痛看護認定看護師
 木下 明美

 外科病棟へ異動した際、がんの痛みで辛い思いをされている患者さんがおられました。知識も技術もなく患者さんを目の前にして何もできないことが情けなく、何よりも患者さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。そんなときタイミングよく前看護部長から、研修に行ってみないかと声をかけて頂きました。1年間準備をし、受験・研修に行き、2012年7月がん性疼痛看護認定看護師となりました。
 現在も、患者さんの苦痛の緩和が十分できているとは言えない状態ですが、学んだことを活かしながら、患者さんの苦痛に寄り添い和らげていけるよう努めてまいります。

◆手術室認定看護師
 手術室 師長 横山 要

 手術室で患者さんの一番近くにいる手術室看護師の能力が高ければ、もっと患者さんの安全性の向上に貢献できると思い、認定看護師を目指しました。 私は東京で半年間研修を受けさせてもらったのですが、その間も法人から給料や住居手当などさまざまな面でサポートしていただきました。当院のような規模の病院で、これほど認定看護師の資格取得のサポートに力を入れているところは聞きません。それだけに「がんばろう」と、モチベーションも高まりました。 これからは認定看護師の知識と技術、そして当院の強みである迅速性を活かした看護を実践することが目標です。

◆感染管理認定看護師
 医療安全管理室 師長 三浦 利恵子

 病院に関わるすべての人を対象に、感染のリスクを最小限にするよう活動しています。看護師としてキャリアを積んできて自分の専門分野を持ちたいと考えた時に、感染管理について教えていただいていた大西さんを目標に自分も認定看護師になろうと思いました。
 資格取得は多感な時期の子どもがいることもあり思った以上に大変で、あきらめそうになったこともありましたが、上司や同僚からいろいろなアドバイスや励ましをいただき、のり越えることができました。本当に感謝しています。
 現在は感染管理に関することを分かりやすく伝え、それぞれの部署で具体策が話し合えるように取り組んでいます。